リフォームローンを組むため審査基準

返済負担率について知ろう

返済負担率とは何か

前項で述べた、年齢や健康状態、年収、勤続年数といった基本的な項目に加えて、返済負担率という数字が、近年基準として重視されつつあるようです。返済負担率とは、年収のうちローンの返済に充てている額が占める割合のことです。もちろん、その値が小さい方が審査には有利になります。
リフォームローンにおける返済負担率の基準には、年収の額によって違いがあります。年収250万円以内の場合なら25パーセント以内、年収400万円以上の場合なら35パーセント以内が一般的とされています。ただし、これもやはり上限の目安です。繰り返しになりますが、数値が小さい方が審査を通過しやすくなることはいうまでもないでしょう。そして、返済負担率を算出するときには、注意すべきことがあります。

返済負担率の注意点

返済負担率について注意すべき点は、そのとき利用している他のローンとの合算になるということです。すなわち、住宅購入時の住宅ローンや、自動車のローンなどが残っている場合、そこにリフォームローンを合算したものを返済負担率の算定に用いるため、注意が必要です。リフォームローン以外にローンがある場合は特に、必ず事前にシミュレーションをして借入限度額を決めておきましょう。
なお、リフォームローンの審査は仮審査と本審査の二段階になっていることが多いため、仮審査の段階で借入額の目安を知ることができます。
これまで上げてこなかった債務の状況や雇用形態、所有資産なども基準になることが多いようです。よく自分の状況を整理した上で、工費等と相談しましょう。


TOPへ戻る